札幌の飲食店じじょう

飲食店の事を中心に様々な事情、悩み解決、時にはレシピや運営に関する事を赤裸々に?投稿していきます!飲食店は他の業種に比べ閉鎖的です。もっとできる事や発信をして飲食業界を盛り上げていきたいと思っています!

飲食店の電子予約台帳の導入

こんにちは!

 

Cです!

 

 

近年急速に普及している予約システム。

 

それに対応するために予約台帳を電子化する店舗も多くなってきています。

 

それぞれの予約台帳に特徴があり、使用料がかかったりかからなかったり・・・

 

様々ありますが結局ドレが良いのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

電子予約台帳を導入はメリットしかない?

電子予約台帳を導入しているお店は多々ありますが、

 

未だに紙台帳のお店もたくさんあります。

 

特に昔ながらの古店であったりとか個人で運営している個人店で多く見られます。

 

まず紙台帳と予約台帳の違いは何なのか?

 

それはデータの蓄積です。

紙台帳は予約が終わってしまえば捨てたり、良くてもとっておくくらいです。

 

電子台帳は顧客情報をデータとして蓄積し活用することができます。

 

この活用できるところが大きな違いで紙台帳を活用するとすると

 

膨大な時間と労力がかかります。

 

それをすぐにできる電子予約台帳に切り替えないのは、

 

機会損失そのものです。

 

今は活用できなくてもデータを蓄積することに価値があり、

 

余裕ができたときに次の一手を打つことができます。

 

紙台帳を使っているお店はすぐにでも切り替えをおすすめします。

 

 

 

データとして蓄積し活用できるすると売上が上がる

 

 

 

予約台帳は顧客情報が満載です。

 

名前、電話番号、いつ予約したか、いつ来店したか、

 

どの席に座ったか。

 

最低ラインでもこのくらいの情報は予約をとるだけでとれてしまいます。

 

もっと活用すると、何回目の来店で前回食べたものまでわかります。

 

これだけの情報があるとお客様に特別な感情を抱かせるのは容易ですね。

 

この情報を活用して接客レベルを上げることができます。

 

更にSMSの発信で集客ももちろん期待できますね。

 

この二つを武器として持てるだけでも飲食店にとってはメリットしかないでしょう。

 

どんどんデータを蓄積して使っていく事によりリピーター客を増やせる。

 

同じ飲食店に来店する人が3割でもいればそのお店はかなり優秀であり、繁盛店への第一歩だといわれています。

 

データの蓄積は売上アップの第一歩なのです。

 

 

 

電子予約台帳はどれがいいのか。

 

まず一番に来るのが料金だと思います。

 

電子予約台帳は毎月の使用料が大体かかってきます。

 

その中でも条件付きですが無料なのがレストランボードです。

 

これは大手広告会社のリクルートがやっている電子予約台帳です。

 

基本機能についてはすべて揃っていて無料なのでかなり導入しやすいと思います。

 

予約の各媒体からの取り込みもホットペッパー、ぐるなび、食べログの大手3社を網羅している電子予約台帳です。

 

特に同じリクルートのホットペッパーを主軸にしているお店はレストランボードの導入は良いです。

 

かなりここまで聞いていると良さそうですが、一つだけ落とし穴があります。

 

それはリクルートによってこれから使用料を取られたり、情報開示の料金を設定される可能性があることです。

 

内容的にも充実している予約台帳ですが、リクルートの他の部門との連携によりこれから料金がかかるものが多くなってきそうだとCは感じました。

 

飲食店向けの広告から、飲食店向けの商品の連動によってその情報を売る方向に近年シフトしているので情報に対して料金がかかるのも時間の問題かと思います。

 

ただ現状の機能として活用するには問題ないのでまず導入してみてもよいと思います。