札幌の飲食店じじょう

飲食店の事を中心に様々な事情、悩み解決、時にはレシピや運営に関する事を赤裸々に?投稿していきます!飲食店は他の業種に比べ閉鎖的です。もっとできる事や発信をして飲食業界を盛り上げていきたいと思っています!

伸びるチーズ

こんにちは!

 

Cです!

 

最近流行りに流行っているの伸びるチーズの中身をご紹介!

 

チーズハドックやUFOチキンなど伸びるチーズはまだまだやっと認知されてきたかな?

 

くらいですが、意外に作り方を知らない人が多いです。

 

配合や加熱方法を変えることによって伸びる度合いや粘度は変わってきますが、

 

基本の作り方は実は同じです。

 

インスタ、ツイッター等で話題になったチーズハドックは家さけるチーズを使って家でも簡単にできるレシピができてますね!

 

実はさけるチーズがなぜ伸びるのか?

 

ここが結構みそで、

 

伸びる種類のチーズは非常に少なく、一般で買えるものだと

 

モッツァレラチーズに限定されます。

 

さけるチーズも、ピザにのせるミックスチーズも

 

モッツァレラチーズが入っているので伸びます。

 

さらにいうとフレッシュのモッツァレラチーズだけでは水分が多く伸びづらいのと

 

せっかくのフレッシュモッツァレラを加熱しようとする人はなかなかいないので、

 

モッツァレラチーズ=伸びる!

 

というイメージがなかなかできない人が多いのではないでしょうか?

 

同じモッツァレラチーズでも少し燻製したスカモルツァと呼ばれる種類のチーズやプロボローネ、カチョカバロなんかは

 

水分が程よく抜けているのとよく加熱して食べられているので伸びるイメージがしやすいですよね?

 

ぜひモッツァレラが入っていると書かれているチーズを少し加熱してみてください!

 

結構簡単に伸びてくれます(笑)

 

それを踏まえてすごく伸びるチーズはどう作るのか?

 

じつは簡単に伸びるチーズは出来ます!

  

モッツァレラチーズにも様々な形態があります。

 

シュレッド型のモッツァレラはかなり伸びるチーズを作るのに相性がよく、

 

シュレッド型のモッツァレラチーズは実は固形のモッツァレラチーズよりかなり安く販売されています。

 

飲食店ではよくこれにミックスチーズを配合して更にコストダウンし加熱することによって伸びるチーズを作っています。

 

参考までにレシピ

 

モッツァレラシュレッド 200g

ミックスシュレッド  100g

生クリーム(牛乳でも可ですが舌ざわりが少し悪くなります) 50ml

 

これを混ぜながらフライパンで加熱することであっというまに

 

ものすごく伸びるチーズができちゃいます。

 

これさえあれば家でもインスタ映えするチーズで食事ができちゃいますよ~

 

しかも味もかなり良いのでワイン好きにもたまらない逸品になっちゃいます!

 

今夜は赤ワインでいかがですか?